無料ブログ作成サービス JUGEM
サポーター、吉田智子さんと御舘田令子さん“日赤コンビ”による松井監督への応援メッセージ&日本赤十字社見学レポート(後編)
“日赤コンビ”インタビュー



 日本赤十字社に勤める吉田智子さんと御舘田(みたてだ)令子さんが、どうして松井監督のサポーターに? という漠然とした思いは、お二人のお話を伺って、なるほど! と納得。お二人の個人的な生き方のプリンシパルと、松井監督の作品や生きる姿勢は、見事に調和していたのです。

 赤十字の理念、目指しているものを愛するというお二人に、入社理由から松井監督に対する思いまでを、それぞれ語っていただきました。



―― お二人は、どうして日赤に入社したのですか?

続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーター、吉田智子さんと御舘田令子さん“日赤コンビ”による松井監督への応援メッセージ&日本赤十字社見学レポート (前編)
日本赤十字社見学レポート

 日本赤十字社東京本社で、社長秘書を務める吉田さんと、副社長秘書を務める御舘田(みたてだ)さん。

 御舘田さんは、2005年12月、大塚副社長の私的な勉強会に、講師として招かれた松井監督のお話を聞いて以来、吉田さんは、2006年1月、同社で上映された『折り梅』に一目惚れして以来、熱心なサポーターに。

 それはそうと、みなさん、赤十字を知らない人はいないと思うのですが、
病院以外に、赤十字社って何してるの? と思いませんか? はずかしながら、私(shiori)もよく知りませんでした。ところが、お二人から、日赤の素晴らしい活動について、また、お二人と日赤のかかわりについて伺ううちに、松井監督の作品やサポートする私たちとも、どこかで巡りめぐってつながっているような、共通するピュアな価値観を感じ、不思議な感動を覚えたのです。

 今回、応援メッセージをインタビューがてら、撮影担当のwakkiと日本赤十字社を見学させていただいたので、そのレポートも合わせてお読みください。

 
★定時過ぎてもこの忙しさ。笑顔をお願いしたらこの通り!

◆ 創立130周年、博愛精神が息づく聖地

 東京、芝大門。東京タワーを背景に、1977年、創立100周年を記念し、故・黒川紀章氏によって建て替えられた、ツインタワーの日本赤十字社の本社ビルがあります。

 日本赤十字社は、その前身である博愛社が1877年に創立され、
その後、日本政府のジュネーブ条約加入により、1887年、日本赤十字社と改称。 

 ビルの前の広場には、日清・日露・第一次・第二次大戦などで殉職した
救護員の慰霊碑「看護婦像」が立っており、ここから既に、赤十字の偉業とドラマティックなヒューマン・ヒストリーを予感させるものが。

 ビル内に入ると、「みんなでもっとクロスしよう!」と書かれた赤い文字のポスターがたくさん貼ってあり、wakkiと私は思わず、「おおっ、クロス!」とハモってしまいました。

 本社ビルの最上階、秘書課の受付で、待っていてくださった吉田さんと御舘田さんは、6時をかなり過ぎているのに、あわただしくお忙しい様子。こちらの勝手な思い込みで、本社は官庁っぽく定時にスッパリ終業しているイメージがあったため、意外さに顔を見合わせる私たちです。




★赤十字を理解し、参加する人をもっと増やすことを目的としたキャンペーン“世界と、市民と、社内で もっとクロス!”を展開中。
12月8日より全国ロードショーの、新潟中越地震を扱った映画「マリと子犬の物語」は、映画収益の一部、試写会会場等での募金が、
日本赤十字社を通して災害支援に役立てられます。


続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太田塁さんからの応援メッセージ (後編)
「“越境者”としてのイサム、そして松井監督に共感」

5月に開催された『折り梅』上映会で松井監督と出会い、
サポーターになってくださった文筆家で産業カウンセラーの太田塁さん。
自身を「故郷を持たない望郷者」と表現する “越境者”として、
太田さんはイサムに格別な思いをお持ちです。

最近、著書『何のために生き、死ぬの?』(近藤裕氏と共著/地湧社)を
上梓し、生きるとは? 自分とは? という問いかけを
さらに深めている彼に、ご自身の人生と絡めて、
監督への思い、『レオニー』への期待を伺いました。

前編、後編に分けてお送りしています。


―― やっとイサムノグチの伝記が、リアルに読める状況になってきたわけですね。

太田 それで、何で読めるかといった時に、
彼の生きてきた時代にはいろんな差別もあったでしょうし、
文化的な障壁もあったとは思うんです。
私の場合は、時代的に彼ほどひどくはないけれども、
自分というものが良くも悪くも曖昧に拡散している、
拡散してそれを止めることができない私自身の状態と重ねて、
身近な存在として読むことができるんじゃないか、と思っています。

本当に、本に待っててもらったなって感じなんです(笑)。
それに今度は、映画にも重ねさせていただいて……
そういう意味では、すごく心待ちにしている映画ですね。

―― 母と息子ということに関してはいかがですか?

太田 私自身、母親のことはすごく大事ですから。いつも心配してますし。
自分が男だからかもしれないけど、
母親と息子の絆というのは、目に見えないものがあるのかな。
強かったり、繊細だったりするのかもしれません。
レオニーとイサムの関係も、
活字とかいろんな情報で見ている以上の信頼関係があるかもしれない、
と思ったりもします。そういうあたりも含めて、
『レオニー』ではどういう描かれ方をするのか楽しみです。

―― 太田さんが監督にお会いになった印象は?

続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
太田塁さんからの応援メッセージ (前編)
「“越境者”としてのイサム、そして松井監督に共感」

5月に開催された『折り梅』上映会で松井監督と出会い、
サポーターになってくださった文筆家で産業カウンセラーの太田塁さん。
西欧人の血を宿し、幼少時をブラジルで過ごし、
帰国後は逆カルチャーショックを受けたという太田さんは、
同じ“越境者”としてイサムに格別な思いをお持ちです。

最近、著書『何のために生き、死ぬの?』(近藤裕氏と共著/地湧社)
を上梓し、生きるとは? 自分とは? という問いかけを
さらに深めている彼に、ご自身の人生と絡めて、
監督への思い、『レオニー』への期待を伺いました。

前編、後編 に分けてお送りします。




ラテン気質を思わせる太田さんだが、
実際は、自分を表現するのが苦手で、
何か伝えるには絵か文章しかない、と思っていたという。
「そういう悲しいバックボーンですから(笑)、
女性に声をかけることもできませんでしたよ」

―― サポーターになろうと思われたきっかけは?

太田 『折り梅』を観て、いろいろなことを感じたということもありますけれど、
次のテーマである『レオニー』が、すごく気になったからなんですね。
レオニーではなく、ヨネに視点を当てたらどうだったんだろうと思った時に、
男性原理と女性原理を分けるわけじゃないですけど、
イサムノグチが抱えていた人種的、人間的な問題、
アイデンティティが分裂している、
あるいはマルチであるという苦悩を、
ヨネでは感じることができなかったろう、と。
やっぱり自分のお腹を痛めたレオニーが、
先にお腹の中で、越境者としての悩みとか強さを、
きっと感じたはずだと思ったんです。

―― レオニーにそこまで思いを……。

太田 おそらく監督ご自身も、そういう越境者なんじゃないかと私は思うんですね。
ジェンダーのみならず、自身の限界や国境すらも超えてしまえる方。

続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
応援メッセージが届きました
先日の、松井監督からのメッセージを受けて、
東京都の大田美和さんから、メールが届きました。
ご本人の許可を得て、紹介させていただきます。



昨年夏、札幌モエレ沼のイサム・ノグチ作「海の噴水」を見て以来、
「マイレオニー」を早く見たい気持でいっぱいですが、
松井久子監督のメッセージを読んで納得しました。
この延期によって、支援の輪がいっそう広がるといいですね。

<夜の森無心に踊る噴水はアンナ・パブロワ素足のひかり> 


                       大田美和


大田さん、素敵なメッセージ
どうもありがとうございました!

| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介 [13]
今日も、みなさんから寄せられたメッセージをご紹介していきます。


じゃーん。初のカメラ目線。
(でも目が横なのであまり意味なし)


神奈川県 洋子さん
「宿命の越境者」を読んでレオニーの生き方に感動しました。
レオニーを誰が演ずるのか興味があると共に
できるだけ早い完成を期待しています。

大阪府 博之さん
松山勤務時代、マネキネマの上映イベントでお世話になりました。
誠に少ない応援で申し訳ないですが、新作強く期待しています。
頑張って下さい。

松山市 山下さん
「ターニングポイント」発売直前にお会いした時に、
”次の作品として作りたい”と語られてた「レオニー」が
7/1の松山での講演会では”作る”になっていて、
松井さんも益々素適で久しぶりにお会い出来てうれしかったです。
次にお会いする時は「レオニー」公開の時でしょうか。
お体には気をつけて監督業も思うぞんぶん腕をふるって下さい。

札幌市 佐々木さん
6/27松井女史の作品をそして講演を拝聴させていただきました。
とても感動(女史の話し方に)。
一人住まいの私にとってより考えさせられる映画でした。

岡山県 和子さん
監督、がんばってください。気持ちばかりですが、
映画を支える一人になれたら幸甚です。

| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介 [12]
賛助金をお寄せいただく際、
「通信欄」に、ひとこと添えてくださるメッセージ、
事務局スタッフも大変楽しみに読ませていただいております。
もちろん、松井監督も必ず目を通されますので、
ぜひぜひ、あなたの熱い思いを届けてくださいね。

お礼に便乗して、お願いごとです。
住所やお名前、郵便番号、お電話番号などは
「楷書」ではっきり書いてくださいますようお願いします。

郵便局のシステム上の理由で、振替票は原本ではなく、
FAXで送られてくるくらいの解像度になって届くのです。

また、郵便番号をしっかり書いていただくと、
難しい読みや珍しい地名も調べやすいので助かります。
どうぞ、ご協力よろしくお願いします。



マウスじゃないんだけど・・・

池田町 佐藤さん
たった一人の想いをみんなの想いへ。
つながった輪は夢へと広がっていきます。
すてきな体験をさせていただき感謝しています。

香川県 美代子さん
映画の完成を楽しみにしています。
話題作になると良いですね。
きっとなるでしょう。祈っています。(夕映え会会員)

高松市 伊藤さん
6月に高松にいらした時、
松井監督から沢山のパワーをいただきました。
忙しくてお疲れでしょうに、
目標を持って何かを成し遂げようとしている姿は輝いていました。
ご成功をお祈りしております。(遅くなってすみません)

松山市 典子さん
7/1の松井さんのお話、とても心に残る言葉の数々でした。
どうぞかんばって下さい。
いつかお会いできる機会があればと願っています。

松山市 幸子さん
初めて先生のお話を伺い感動致しました。
今後、お身体にご留意され、
又、素晴らしい映画を作って下さることを期待致しております。
微力ながらご支援させて頂きます。
50人程の人達にお箏を教えております。皆にも薦めていくつもりです。

福岡市 勝敏さん
「折り梅」に感動し涙す。79才男

| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介 [11]
しばらくぶりになってしまいましたが、
この夏、賛助金をお寄せくださった方からのメッセージの中から、
いくつかご紹介していきます。



久しぶりに見ようかなぁ


 神奈川県 中井さん
小さな小さな応援です。期待して完成を待っています。

 北海道 山口さんご夫婦
・「ユキエ」を見ました。
松井監督のお話で「レオニー」への期待がふくらみ、
私もホンの少しですが参加出来ることが嬉しく、
完成を楽しみに待ちます。
女性の視点で社会を見ること大切ですネ。(奥様より)

・札幌映画サークル6月27日「ユキエ」上映会と講演、
交流会での松井監督のお話に感動して。妻と同時に。(ご主人様より)

 札幌市 増岡さん
「折り梅」「ユキエ」の感動を「レオニー」でまた味わえる日を楽しみにしております。

 高松市 靖子さん
松井監督ユキエの映画でご縁が出来、
早いもので10年過ぎました。
レオニー素晴らしい女性ですね。
どんな映画になるのか楽しみにしています。

 池田町 川口さん
レオニー十勝池田応援団員です。まずはモエレ沼に行ってみます。

 松山市 森さん
7月1日松山コムズでのトークに参加した者です。
ぜひ「レオニー」を思う存分の作品に仕上げて下さい。
貧者の一灯の心です。
「ターニングポイント」をみんなに勧めます。

| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
福島県の熊谷まゆみさんから松井監督へ熱烈「応援メッセージ」
今年2月に応援メッセージを寄せてくださった、
音楽と美術の評論家でプロデューサー、
(株)スローガン代表取締役である熊谷朋哉さんの
お母様、熊谷まゆみさんは、
2003年、福島県で一番最初に、『折り梅』の上映会を開催した方。
フリーのソーシャルワーカーを務めながら、
喜多方で1993年、
“年齢を重ねても仲良く助け合って暮らそう”という
趣旨の組織「てのひらの会」を立ち上げ、
食事会や歌う会などを定期的に催し、
時には、映画の上映会やコンサートを行い、
老人ホームの方たちを招待するなど、
みんなで一緒に楽しむ催し物を14年間、
開催し続けていらっしゃいます。

そんな中で、『折り梅』の上映会を開き、
2回の上映で、1,200〜1,300名の観客を動員。
松井監督と出会い、東京で活躍している
二人の息子さんたちにも紹介する、という
あたたかい流れがありました。
朋哉さんはまゆみさんのご長男です。

「松井監督のパワーはすごい!」と語る熊谷まゆみさんに、
松井監督との出会いから『レオニー』への思い、
そして監督へのメッセージを伺いました。


―― 『折り梅』は、なぜ上映しようと思われたのですか?

熊谷 2002年でしたか、映画が完成したと新聞で読んだ直後に、
喜多方で上映会をしたいと思ったんです。
そしたら、配給会社もまだ決まってない時で、
エッセンに直接電話したら、「お待ちください」と言われました。
その頃、私は、夫の母が認知症で介護してたんですね。
うちのおばあさんと『折り梅』の吉行和子さんがダブッて、共感したんです。
義母は、2002年、3月31日に亡くなりました。
『折り梅』の原作、小菅もと子さんの本も読みましたが、
私も自分の介護の体験を書いてまとめた『笑って介護』という本を、
義母の一周忌に自費出版したんです。
実際に『折り梅』の上映会が開かれたのはその頃です。

―― どういう上映会だったのですか?

続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介 [10]


昨日梅雨入りした東京ですが、
今日はもうピーカン真夏日です。
毎日、サポーターの方からの賛助金が、
温かいメッセージとともに事務局に届いています。
ありがとうございます!
今週寄せられたメッセージをご紹介します。


●東京都 匿名希望の方
4月に講演を聞き、活力のある生き方に感動致しました。
お姿も美しい方だなあと思いました。
前2作も拝見させていただきました。
心にしっとりと入りました。

●埼玉県 道子さんより
6/2十文字学園女子大学で「ユキエ」を見せていただきました。
「レオニー」の完成を心から楽しみにしております。

●香川県 河原さんより
女性センターでは監督さんに元気をいただきました。
ありがとうございます。
しっかり食事して元気を皆に又くださいね。

監督、「しっかり食事して」とのことですよ。よろしくお願いします(?)
蒸し暑い季節ですが、私たちもしっかり食べて元気出していきましょ〜。


| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |