無料ブログ作成サービス JUGEM
サポーターの皆様からの声をご紹介[19]
2010年公開予定、松井久子監督の第三作映画「レオニー」。
この映画を観客の立場から応援する私たちマイレオニーの
サポーターの皆さまからのメッセージ、どんどんご紹介していきます!


横浜市 郁子さん
「折り梅」を拝見。昭和4年6月生まれ、感慨深いものがありました。
ハッピーエンドで安心しましたが、自分の余生はとても不安。
イサム・ノグチ氏の作品に接する機会があった世代の者として、
次作品の御成功を心よりお祈り申し上げます。


香川県 幸子さん
以前から気になっておりました。遅ればせながら・・・サポーターに登録させていただきます・・・
人生後半期に入り、落ち着いた時期に向かうはずなのですが、
何か追い立てられるような気持ちがあり、取りあえず気になることは、やってみようと・・・
賛助金少ないですが、よろしくお願いいたします。


世田谷区 星さん
クランクイン!おめでとうございます。完成を心待ちにしております。
また、瀬戸内国際芸術祭が2010年7月に開催されますが、
「レオニー」公開も同じ年となり、今からワクワクします。


高松市 藤原さん
牟礼町に近いところに住んでいるので楽しみにしています。


高松市 恵津子さん
クランクインおめでとうございます。イサムノグチさんを尊敬しています。
本を読み、もっと深く触れたいと思っておりました。牟礼で生まれ育った人間として、
映画のサポーターに参加したいです。映画ができること心から楽しみにしております。


| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介[18]
マイレオニーサポーターになるための賛助金をお寄せいただく際、
「通信欄」に、ひとこと添えてくださるメッセージ、
事務局スタッフも大変楽しみに読ませていただいております。
松井監督も、必ず目を通されますので、
ぜひぜひ、あなたの熱い思いを届けてくださいね。

マイレオニーサポーターについて「よくある質問」ページはこちら

[郵便振替をご利用の方へお願い]

住所・お名前、郵便番号、お電話番号などは
「楷書」ではっきり書いてくださいますようお願いします。

(読みにくい場合、こちらから確認のお電話をさせていただくことがあります)

また、郵便番号は、必ずご記入ください。

ご協力よろしくお願いいたします。


沖縄県 和子さん
「ユキエ」を見て感動しました。イサム・ノグチに興味あり、楽しみにしています。


高松市 松木さん (女性)
「ユキエ」は観てましたが「折り梅」は観てなくて感動しました。


江東区 陽子さん
よい映画の完成を期待しております。
古石場文化センターでのお約束を守ってカンパさせていただきます。
同年の女性として応援いたします。


香川県 和子さん
自由席さんのブログで知りました。近所の友人からも誘われました。縁だと思います。


高松市 明子さんご夫妻
がんばってください。楽しみにしています。


旭川市 次郎さん
「レオニー」の成功を祈って。北の国から、心を込めて応援しています。


| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介[16]
 
マイレオニーのサポーターになるにはどうしたらいいの?という
質問をいただいています。

賛助金をお支払いいただくことで、サポーターになっていただけます。
1000円から受け付けております。

お申し込みは、郵便振替またはインターネットの専用フォームからどうぞ。
以下のページも参考にしてください。

マイレオニー 「サポーターお申し込み・お問い合わせ」ページ

マイレオニー 「よくある質問」ページ


サポーターになっていただいた方が、振込用紙などに書き添えてくださった
メッセージの一部をご紹介していきます!


藤沢市 田中さん(男性)
応援します!映画の完成を楽しみにしております。頑張って下さい!


吉川市 稲葉さん(女性)
「折り梅」に感動し、ぜひ次回作のためのお役に立ちたいと思いました。完成を楽しみにしています。


岡崎市 今井さん(女性)
神田昌典さんとの対談CD、興味深く拝聴いたしました。
少ないですが、ワクワクに参加いたしたく思い、送金させていただきます。
ありがとうございます。


宇都宮市 典子さん
目白女子大での講演に行かせていただきました。
感動しました。ブラジル移民のことを思いつつ拝聴致しました。
ありがとうございました。


オーストラリア 田村さん
オーストラリアから応援しています。


港区 宏子さん
日本女子大での映画とご講演に感銘を受けました。『レオニー』の完成を楽しみにしています。


これまで寄せられたメッセージや、サポーターの方へのインタビューは、
ブログ左側の帯にある「Category」の中から「応援メッセージ」をクリックしてごらんください。
| supporters | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介[15]
今月、全国のサポーターの皆さまから寄せられた
メッセージをご紹介していきます!

サポーターお申込みはこちらから

サポーターに関する「よくある質問」はこちら


町田市 淑子さん

『折り梅』涙々でした。
今、心配しながら、でもリフレッシュして楽しみながら生きています。
「自分が変われば、まわりが変わる」というメッセージに感動しました。


町田市 匿名希望さん

玉川学園サクランボ会館で上映のあと茶話会があり、
松井久子監督のお話を伺いました。
映画=男社会の中で素晴らしい映画を作る姿勢に感動致しました。
第三作心待ちしております。


文京区 千枝さん

年金生活者ですので微量ですが協力します。
「レオニー」の上映期待しています。


文京区 秀昭さん

先般「ユキエ」を視聴し、松井監督の素晴らしい考え方、
行動力、撮影に感動し少額ですが賛助させていただきたいと思います。


流山市 節子さん

すばらしい構想をうかがっただけでも元気が出ました。完成を待っています。


千葉市 礼子さん

ぜひ見たいです。頑張って下さい。


三鷹市 小林さん

イサム・ノグチの母、レオニーさんの映画が、
このようなネットワークで製作されていること、とてもすばらしいと思います。
映画の完成を楽しみにしています。



サポーター一覧はこちら


| supporters | 応援メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
サポーターの皆様からの声をご紹介 [14]


2010年公開予定の映画「レオニー」。
この映画のサポーターとして名を連ねてくださっているメンバーは
もうすぐ3000人に達しそうな勢いです。
ありがとうございます!


サポーター一覧はこちら

サポーターお申込みはこちらから

サポーターに関する「よくある質問」はこちら

賛助金をお寄せいただく際、郵便振替票の通信欄、または
インターネットのフォームに
ひとこと添えてくださるメッセージ、
事務局スタッフも大変楽しみに読ませていただいております。
もちろん、松井監督も必ず目を通されますよ。

とっても久しぶりに、メッセージの一部をご紹介します。
過去のメッセージは
このブログの右側の欄の「カテゴリー別」のリンクから
「応援メッセージ」をクリックしてご覧ください。

(今日の写真は、映画とは全く無関係です・・・)


和歌山県 啓子さん
イサム・ノグチの母”レオニー”を楽しみにしています。
監督さんに乾杯…もちろん梅酒でネ。

札幌市 高橋さんご夫婦で
Lプラザでのお話をお聞きしたあとすぐと思っておりましたのに大変遅くなりました。
二人でのカンパです。完成した作品を拝見する日を待っております。

高松市 豊さん
湯浅さんから「ターニング・ポイント」を借りて読ませていただきました。
香川の「ユキエ」自主上映と藤田さんのくだりにはグッときました。
文中紹介された内藤さんの歌集を見つけ出し、
「スローグッバイ」が深くしみ入りました。「レオニー」を形にできるのを祈ります。

さいたま市 明美さん
講演をお聞きして心に触れるものがあったので支援させて頂きます。
完成楽しみにしています。

三鷹市 栄子さん
イサム・ノグチの伝記を読んで感銘をうけた者です。
松井監督の映画完成を期待しております。

札幌市 陽子さん
松井監督の視点で描かれる「レオニー」。
大好きなイサム・ノグチの作品の原点である『母』を楽しみに応援しています。

松戸市 和代さん
お体に気をつけて頑張って下さい。楽しみにしております。

諏訪市 匿名希望さん
講演会で前向きな姿勢に感動しました。主人を今年亡くしさびしい日々。
「運命を受け止めて自分で前へ進みいきる」という言葉は
私にとって一番の教えでした。ありがとうございました。

| supporters | 応援メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
応援メッセージ 〜 レオニーで一句
前回に引き続き「懐かしの応援メッセージ」。
今から約2年半前に当時のマイレオニーサポーターがひねった
【レオニーで一句】。
想い余って?字余りの句もありますが、名作揃い!
秋の夜長、よかったら、あなたもご一緒に一句…。



・まっすぐに生きること それがレオニー 松井久子

・レオニーに 思いをつなぐ 10万人

・「レオニー」と「ユキエ」と そして「折り梅」と 次代につなぐ 女性の表現

・向日葵の 咲き揃うさまに レオニー重ね

・さっぽろの 偉大な財産 モエレ沼 レオニーの愛と願いが ここに結実

・はつなつの モエレの空に レオニーのほほえむ

・勇ましき 獅子と訳さる母の名の 響き気高く 祈りにも似て


| wakki | 応援メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
発掘?元祖応援メッセージ


このカードたち、
「あっ」と思った人は、かなりのサポーター通?かも。



続きを読む >>
| wakki | 応援メッセージ | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
応援メッセージ・インタビュー 湯浅文代さん(後編)
3月21日には、e−とぴあ・かがわで『折り梅』の上映会を控え、
6月には、『レオニー』の高松ロケが予定されているこの地で、
“千里の道も一歩から”と、いつも前向きでパワフルな湯浅さんに、
『レオニー』への思い、監督への期待を伺いました。
前編につづき、本日は後編です。(shiori)


●サポーター1万人集めんといかんよね!

―― マイレオニーたかまつ事務局ではどういう活動を?

湯浅 「映画の楽校」という自主上映の会のお手伝いもしているので、その上映会とかイベントの時に、サポーター募集のチラシを配っています。
先日は、BPWという女性団体の全国大会が北海道で開催されたのですが、そこでも、『レオニー』のパネル展示をしたり、チラシを配ったりさせてもらいました。
大事なのは、地域の草の根の協力体制を作ること。目標は高く、1万人くらいはサポーター集めんと! 1000円でも自腹で払ってサポーターになってくれた人は、レオニーのこと覚えててくれる。松井監督やレオニーのことが新聞に出ても、キャッチする度合いが違う。



高松のイサム・ノグチ庭園美術館にて。
この日松井監督は、のちに『レオニー』製作のきっかけとなる
『イサム・ノグチ −宿命の越境者』を手にとった。



最近、嬉しかったのは、これまで何年もお願いし続けていた、県の女性団体のリーダーの方が、「あんたもがんばってるね」と言って、サポーターになってくれたこと。やっと認めてくれた。力のあるその人がサポーターになったということは、非常に影響力が強いわけですよ。監督の生き方自体もそうでしょ。

―― どういうことですか?

続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
応援メッセージ・インタビュー 湯浅文代さん(前編)
松井監督が、映画『レオニー(仮題)』を想起した
高松のイサム・ノグチ庭園美術館で、
まさにその瞬間に立ち合っていたのが、
マイレオニーたかまつ事務局を主宰する湯浅文代さんです。

それから6年。様々な紆余曲折を経て、映画製作は軌道を進み始めました。
湯浅さんは、保険の代理店、ふれあいこみゅにてぃさろん「自由席」を
運営しながら、映画の自主上映の会「映画の楽校」のサポート、
ご自身でも映画の上映会を主催し、マイレオニーたかまつでは
サポーター1万人プロジェクトを遂行中。

3月21日には、e−とぴあ・かがわで『折り梅』の上映会を控え、
6月には、『レオニー』の高松ロケが予定されているこの地で、
“千里の道も一歩から”と、いつも前向きでパワフルな湯浅さんに、
『レオニー』への思い、監督への期待を伺いました。(shiori)


2008年1月、神奈川県立近代美術館にて松井監督と。
一緒に写っているのはイサム・ノグチ作の「こけし」。
その日のエピソードはこちら


続きを読む >>
| shiori | 応援メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
淡路のサポーター・五本木ゆみ子さんからのメッセージ
12月16日に兵庫県淡路市・しづかホールで開催された、
映画『折り梅』の上映会と松井監督の講演会
『命ある限り、輝いて生きるために〜認知症が教えてくれるケアの真実〜』
に参加された、五本木ゆみ子さんからマイレオニーへ
松井監督へのメッセージが届きました。
一部を紹介させていただきます。



私は東京から淡路島に来て2年半になりますが、
ホテルの仕事をしていました為、
土日・祝日は仕事で今までこの様なイベントに一度も参加する機会がありませんでした。

たまたま11月末で仕事を退社して、自分の人生80年の1年分を自分で買いました。
行きたい所に行って、自分がやりたい事だけをして見ようと思いまして、
そしたら人生で今まで知らなかった生き方に出会えるような気がしました。

この日は初めて路線バスに乗って終点まで行こうと思い、たまたま「しづかホール」で
バスを降りて、何となく足を運びました。

そして「折り梅」を観させて頂き、松井久子先生の「基調講演」をお聞きし
人生が大きく変わりました。
私は映画は後ろの方でしたが、先生の講演が始まって、

「一番前で、松井久子先生のお顔をしっかりと見ながら、お話を聞きたい」と思い、途中で一番前に席を移しました。

先生!ステキでした!お顔が、命が、輝いていました。オーラが出ていました!

話を聞く内に、「何てステキな生き方をされてるんでしょうか〜映画そのものよりも松井久子先生の行き方に感激しました」
そして又涙!が止まらなくなりました。

最近こんなに感動して、泣く事があっただろうか?
先生は私より3才上で、丁度私の姉と同じ年令なのに、何てお若いんでしょうか!女性として憧れます。

お話が終わって、私は壇上に上がって先生に握手をして欲しい衝動にかられました。

すると出口に先生が居られて、帰る人を見送っておられる姿を拝見して、
私は思わず握手をして頂きました。「嬉しい!良かった!感激!」

今日何となくこの会場にきて、参加出来て、松井久子先生に握手までして頂き、
松井久子先生との出会いで私の人生は大きく変わる気がしました。

人生って何がどうあれ、全て自分で決めて 「自作自演なんですね〜」

どうか先生、何時までもお元気で頑張って下さいませ。
三作目楽しみです、
陰ながら応援させて頂きます。


この手紙を出していただいたのと同時に、
マイレオニーのサポーターにもなってくださり、
松井監督の著書『ターニング・ポイント』も読破されたそうです。

ところで、五本木さんは、ご自分でブログを書いていらっしゃいます。

ヤングシニア!五本木ゆみ子の「ハチャメチャ人生日記〜〜」

ブログのプロフィールによると、五本木さんは

「神戸生まれの!大阪育ちの!東京でITビジネスに起業!そして失敗!
55歳にして、“小さな島のホテルウーマン”にチャレンジ!する“ナニワのおばさん”です。
私の人生、曇り!のち落雷あり!吹雪あり!大雨あり!そして晴天 !」

その通り、ブログの内容は、ご自身の波乱万丈のチャレンジ人生の記録。
大変なことをたくさん経験されているのに、不思議に勇気が湧いてきますよ。
ゆみ子さんが、いつも自分の気持ちに素直に、
失敗したことも成功したことも全て平等に受け止め
明るく元気に生きていらっしゃる様子が、とっても清清しいです。

五本木さん、ありがとうございました!
これからも、淡路から元気いっぱい、
マイレオニーを応援してくださいね!


| supporters | 応援メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |