無料ブログ作成サービス JUGEM
アナウンスハウスと15年を振り返る〜ニュースと朗読にのせて〜 レポート

すでにブログでご紹介しましたとおり
マイレオニーが事務局を置いている「アナウンスハウス」が
設立15周年を記念して、2月20日に、初の朗読会を行いました。

私wakkiをはじめ、マイレオニーのメンバーも駆けつけました。
そして今回、レポートを書いてくださったのは、
なんと、松井監督です!

マイレオニーの副代表をつとめ、アナウンスハウスの代表(社長)でもある
谷岡理香さんとの出会いのエピソードにもさかのぼる、熱いレポートをどうぞ。

------------------------------

昼間はTシャツ一枚でも過ごせた温かなロサンゼルスと違って
東京は何て寒いんでしょう…と思っていたら、案の定、風邪を引いてしまって
身体の中に熱がこもっている感じの土曜日。日頃お世話になっている
マイレオニー副会長・谷岡理香さんの会社アナウンスハウス15周年記念の
朗読会に行ってきました。

会場は2008年の3月に「レオニーへの想いをのせて」と題してギタリストの
佐藤紀雄さんとトークとギターの夕べを行なった銀座のギャラリー悠玄
フラメンコのタブラオを思わせる白壁のお部屋に入った途端に、2年前の
あの日のことが懐かしく思い出されました。

マイレオニーのイベントの時は、いつもその直前にちょっと不幸なアクシデントが起って、
「レオニー」製作はやはりできないのではないか…と、不安でいっぱいになりながら
毎回その不安から逃れるようにして、お客様の前で自分の映画製作への思いを語ったものですが、「レオニー」がほぼ完成した今、あのときの心もとなさが一度によみがえって、ついついジンときてしまったのでした。

???
朗読会の報告のはずが、自分のことばかり書いてどうする…!

この日の朗読会のプログラムは、最初に若い二人の女性アナウンサー原田佳子さんと畠山小巻さんによる与謝野晶子の「君しにたまふことなかれ」の朗読から、舞台上も客席も始まったのですが、やはり最初に思ったのは、やっぱり声が美しく鍛えられているなぁ…ということ。お二人のはっきりとした口跡に、アナウンサーならではのプロの訓練のあとを感じました。

続いて、この日の出演者の黒一点、プロのアナウンサーではないものの、アナウンスハウスの勉強会で朗読や表現の勉強をしているという菅野秀之さんの朗読「グレーシャーの子やぎ」。朗読の題材と内容にふさわしく、菅野さんの優しい人柄がにじみ出るような、そしてとても初々しい朗読でした。

そして、お次の出しもの(?)は、「アナウンスハウスと15年を振り返る〜ニュースと朗読にのせて〜」。

谷岡さんがアナウンスハウスを設立したのは、バブルがはじけたばかりの1994年でしたが
その年から2009年まで、15年間に国内外で起きたニュースを縦糸に、6人のアナウンサーが思い出すご自身の人生の軌跡を横糸に、軽快なタッチで構成された朗読劇は、なかなかオリジナリティに溢れた楽しい企画でした。

聞きながら、何が面白かったのかというと、その年々のニュースを耳にして振り返っていると、その時の自分が何をしていたのか…をとても克明に思い出すことができるのです。
ニュースの15年と舞台上の朗読者たちの15年と、その上に自分自身の15年までが重なった
三重構造のタイムトラベル…はじめて経験する、とても不思議な、そして興味深い体験でした。

それからもうひとつ面白かったのは、ニュースを伝えるアナウンサーや放送記者は、その人がひとつのニュースを「どう見ているのか?」の視点を求められる職業なのではないか…と改めて気づいたことです。
もちろん実際の放送の仕事では、番組のメイン・キャスターやアンカーと呼ばれる人たちにしかそんなことは許されず、特に女性アナウンサーにジャーナリストである彼女の「個の視点」を求められることなど滅多にないのでしょうが、この日の朗読会ではアナウンスハウスの彼女達の「社会を見る目」がくっきりと(けど少しも押しつけがましくなく)浮き彫りにされて、これは放送ではなかなかできない素敵な試みだな〜と感心したのです。

アナウンスハウスの設立の年はまだ大学生だった5人が、15年の間に仕事の場だけでなく、結婚や離婚や、人生のいくつものターニングポイントを経てこのように報道の第一線で活躍されているんだ…と思うと、人生の先輩としてとても頼もしい気持ちにもなりました。

その朗読劇に挿入された竹田のり子さん朗読の「クラウディアのいのり」というノンフィクション・ラブストーリー。そのストーリーを全く知らなかった私は、逆にぐいぐい引き込まれて、最後には不覚にも涙なくしては聞けなかったほど感動的なものでした。

そして1時間半の朗読会の最後の出し物は、その日のメインイベント、私が若い頃に何度も劇場で観たなつかしい「夕鶴」。木下順二の脚本を朗読劇で…という試みは他のいろいろな朗読会でもやられているのでしょうが、読み手がアナウンサーという職業の人々だっただけに、ひと味違ったものになっていたと思います。

何がひと味違っていたのかというと、アナウンサーと俳優とはどちらも「声」を使って何かを伝える仕事ではあっても、「ニュース=ドキュメンタリー」と「劇=フィクション」とは相当に違うものだということを改めて認識させられた…ということでしょうか。アナウンサーはどこまでも「素の自分」をさらしてする仕事ですが、俳優は「役になって演じる」のが仕事。今回の「夕鶴」でアナウンスハウスの皆さんは、少しだけ越境し、自分たちの仕事とは別分野の俳優の仕事に挑戦されたわけで、朗読劇としての完成度はともかく、彼女たちの勇気ある挑戦には、ひとまず拍手を送りたいなと思いました。
つう役の谷岡さんはキャリアが長かった分、よりアナウンサー的で、よひょう役を演じられた若い室由美子さんはかなり役者的感性をお持ちの方。そういう個性の混在の仕方がまた楽しかったです!

今回の出演者の一人だった畠山小巻さんはかつて秋田のNHKのアナウンサーとして活躍され、今はある大学の学長秘書をなさっている方。
その畠山さんが、2007年にサントリーホールで私たちが行なったマイレオニーのキックオフ・トークショーに観客として聞きにこられ、その日司会をしてくださった谷岡理香さんの「言葉の力」に魅了されて、以来谷岡さんのアナウンススクールを受講しながらアナウンスハウスのメンバーになったというのですから、人のご縁というのはほんとうに不思議だと思います。

一本の映画を作りたいと思った私が、女性放送者懇談会の勉強会に行って谷岡さんと出会い、その出会いのお蔭でマイレオニーができて、マイレオニーがイベントを開いたために観客のお一人だった畠山さんがもう一度「声の表現」をご自分のもうひとつのライフワークとされることになった…そんな人と人との「出会いの連鎖」。それは決してお金で買えるものでなく、人生を前向きに心開いて生きてなければ得られるものでなく…朗読会の帰り道の私はすっかり風邪も癒えて、先刻までの皆さんの顔を思い浮かべながら笑みを浮かべている自分に気づくのでした。

ガンバレ、アナウンスハウス!頑張れ、谷岡理香!

                                                               松井 久子




| supporters | サポーター情報 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
アナウンスハウス 朗読発表会 開催のお知らせ

マイレオニーが事務局を置いている「アナウンスハウス」は、
テレビやラジオ、イベントなどで活躍中の
アナウンサー・ナレーター・リポーターが
多数在籍しているプロダクション。
現役のアナウンサー直接指導によるアナウンススクール、
ビジネストークや司会などの講座も行っています。

私たちマイレオニーも、スクールの部屋をお借りしてミーティングや発送作業など、
いつもお世話になっています。

さて、アナウンスハウスでは設立15周年を迎え(おめでとうございます!)
「朗読発表会」を行うそうです。




マイレオニーのこれまでのイベントで司会をつとめ、
今年公開予定の映画「レオニー」ではエキストラ出演も果たした(?)
我らがマイレオニー副代表・谷岡理香さんはじめ、所属アナウンサーのみなさん、
その他、表現の幅を広げたいという目的を持って自主勉強会に参加している
一般の方も出演されます。

場所は、マイレオニーでも松井監督のトーク&ギタリスト佐藤紀雄さんの
ライブイベントを行った、銀座の「ギャラリー悠玄」。

観覧ご希望の方は、電話またはメールにてお申し込み下さいとのことです。

--------

『アナウンスハウスと15年を振りかえる』 〜ニュースと朗読にのせて〜

【日時】 2010年2月20日(土) 昼の部:13時30分〜  夜の部:17時〜
【会場】 ギャラリー悠玄(ゆうげん) 中央区銀座6-3-17 悠玄ビル地下1階 地図はこちら
【料金】 1000円(一般) 500円(学生)

【プログラム】
  「君しにたまふことなかれ」 与謝野晶子作
  「グレーシャーの子やぎ」 バック・ダグラス作
  「アナウンスハウスの15年」
   挿入朗読「クラウディアのいのり」 村尾靖子作
  朗読劇 「夕鶴」 木下順二作

【出演】 谷岡理香、竹田のり子、原田佳子、室由美子、菅野秀之、畠山小巻

【お問い合わせ】
Tel:03-5474-5455
Mail:office@announcehouse.co.jp

--------

マイレオニーがギャラリー悠玄で行ったイベント
映画監督 松井久子 meets ギタリスト 佐藤紀雄
〜「レオニー」への想いをのせて〜 ギター&トーク・ライブ・レポート

谷岡さんが司会をつとめたマイレオニーのイベント
「あなたの人生の選択〜女性が決断する時」レポート (前編)
「あなたの人生の選択〜女性が決断する時」レポート (後編)
マイレオニーpresents X'mas Night 〜ピアノ&トークライブ〜 レポート [前編]
マイレオニーpresents X'mas Night 〜ピアノ&トークライブ〜 レポート [後編]

| supporters | サポーター情報 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
「ヒーリングエステ ヴィクトリア」メルマガで紹介していただきました

先日このブログでご紹介した、
「野口米次郎終焉の地・水海道を訪ねるツアー」に参加された、
マークスさんご夫妻。

ご主人のエドワード・マークスさんは、愛媛大学准教授で、野口米次郎研究家。
そして、奥様のマークス・傳法さんは、愛媛県松山市と東京の代官山で、
「ヒーリングエステサロンVictoria」を経営されています。


水海道ツアーの様子はこちら。ご夫妻の写真もあります。


このサロンのメールマガジンで、
マークス・傳法さんが、映画「レオニー」のことを
紹介してくださいました!


「まぐまぐ」バックナンバーより 【Beautiful Dream Letter】


サロンにも、マイレオニーのパンフレットを
置いてくださっているそうです。ありがとうございます!


ヒーリングエステ ヴィクトリア松山店のホームページ

ヒーリングエステ ヴィクトリア代官山店のホームページ


ちなみに、マークス・傳法さんが
マイレオニーと出会うきっかけになった、
松山市での松井監督の講演会の記事はこちらです。


愛媛松山・松井久子監督トークショー レポート 【前編】

愛媛松山・松井久子監督トークショー レポート 【後編】


2年以上前なんですねー。
応援の輪は、確実に年月を経てつながっていくのだなと感じます。


クリスマスなどこれからイベントが多くなり、忙しさも増す季節。
お近くの方は、ぜひ「ヒーリングエステ」でキレイに&癒されてみてはいかがでしょうか!

 

| supporters | サポーター情報 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
草月会館「天国」で生け花の展示



直前、というか当日のお知らせになってしまいました。

「レオニー」のお花の先生、いけばな草月流の大塚光川先生の
お花の展示が、今日と明日(10時〜18時)
先日イサムノグチのシンポジウムが行われた、
草月会館の1Fプラザ「天国」で行われています。(第5回AT賞展)

入場無料だそうですので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいとのことです。

写真は、先週のシンポジウムに参加したスタッフが
携帯で撮った「天国」フロアです。

| wakki | サポーター情報 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
mixiコミュニティができました!
mixiで『レオニー』コミュニティができました!



ちょっとマニアックな話題から雑談まで、
毎日のんびりと情報交換・おしゃべりをしています。

メンバーは既に20人を超え、
私たちマイレオニースタッフも何人か入っていますよ。

mixiに入られていて、興味のある方はぜひ!

コミュニティ名 「Leonie レオニー」
墨文字の「Leonie」のロゴが目印です。

| wakki | サポーター情報 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本画家のエキストラさんの展覧会
映画『レオニー』撮影では、マイレオニーサポーターの皆さんを中心に
犬山市の明治村、香川県、茨城県ワープステーション江戸など関東近郊、そして札幌市モエレ沼公園
のべ700人ものボランティアの方にお手伝いをいただきました。

映画の「エキストラ募集」に興味を示してくださり、
ご参加いただいたことをきっかけに
マイレオニーのサポーターに加わってくださった方もいらっしゃいます。
群馬県富岡市在住の日本画家・上野瑞香さんも、そのひとり。

上野さんは、メイクと着替えまで済んでいたのにその日の撮影がナシになったという
あの日に参加してくださった方。
(その日の様子はこちら。後日、日本橋の街のシーンで、無事リベンジを果たしました。)


左から鈴木さん、上野さん。

さて、上野さんは現在東京・京橋の「あらかわ画廊」で展覧会を開催中。
「鈴木伸子・上野瑞香2人展」に行ってきました。



上野さんの作品は、繊細で鮮やかな色彩の、さまざまな種類のお花の絵。
どの絵も、花びらの上には、赤い「あり」が必ず描かれています。
これは、上野さんの絵のトレードマークなのだそう。
一瞬びっくりするけれど、よく見ていると、洋服のワンポイントのようで
とてもかわいらしいのです。日本画に対するイメージが変わると思います。



鈴木伸子さんの作品は、「テンペラ」というイタリア・ルネサンス時代初期から
その技法が用いられていたという、水性と油性が混合した独自の顔料を使って
描かれています。
無数の色がカンバスの上に重なりあい、いつまでも眺めていたくなりました。
どちらも、パソコンのモニター上では伝えきれないのですが・・・

上野さんは先週の中村獅童さん出演の「笑っていいとも!」
しっかりチェックされていたそうです。
「お花発見しましたよ!いいかんじでしたね〜」と嬉しいメッセージ。

展覧会は9月11日(金)まで、京橋の「あらかわ画廊」で開催中です。
(11時〜18時30分・日曜休・最終日は17時終了)

また、上野さんは10月3日(土)〜11日(日)は
地元群馬県の高崎市・広瀬画像でも個展を開催する予定です。

上野瑞香さんアトリエのホームページ

それにしても、エキストラの方おひとりおひとり、
いろいろなお仕事や才能をお持ちなんだなぁとあらためて驚かされます。
現場での待ち時間には、いろいろな方とお話できて楽しかったなぁ。
みなさん、それぞれにご活躍でお忙しいなか、
早朝からご参加くださって、あらためて、
本当にありがとうございました…。

来年公開予定の映画『レオニー』をスクリーンで観るときは、
画面の端に写っているエキストラの方を見つけたら
「この人は普段はどんなお仕事をされているのかなー」なんて想像しながら…
いやいや、映画の中身に集中しましょう(笑)。

| supporters | サポーター情報 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道マラソンに「マイレオニー」応援団現れる
最近すっかりマイレオニーブログの第3のライターになりつつあるsasamiiさんから、
8月30日に行われた北海道マラソンのレポートです。



マラソンといえば、秋冬がシーズン。
しかし、北海道マラソンだけは唯一、夏に行われるフルマラソン大会。
オリンピックなどに出場する一流ランナーと市民ランナーが一緒に
走ることができる「北海道マラソン」。

2007年から、マイレオニーメンバーが応援にかけつけ、
マイレオニーメンバーや、「レオニー」になくてはならない方も走ります。

昨年はなんと、松井監督も応援に来て下さいました。

今年も関係者、男性2名(Mさん、Yさん)が走られ、その応援に行ってきました。



今年の応援の目玉は、なんといっても「LeonieTシャツ」。

これを着ると目立ちます。そして、「私たちはチームだ」という
一体感が生まれます。この、「Leonie」Tシャツ販売されないでしょうか。

試写会でみんなで着ると楽しいかも。

話は戻り、北海道マラソンですが、今年で5年連続のMさん今回の大会目的は
「練習用」とのこと。フルマラソンの距離を走って練習ってすごすぎるんですけど、
実際本当にすごくて、3時間10分でゴール予定が余裕の3時間8分台。
ゴール後も、もう一人のランナーYさんの応援のため、また1kmも走って
戻って行くという、強靭的なランナーでした。

そして、そのYさんは、今回が初フルマラソン。

北海道在住のYさんは、いつも通る公道を走ることが楽しかったのと、
沿道のたくさんの応援に励まされ、充実したランニングだったと
ゴール後にお話していただきました。

絶対に「歩かない」と決められていたようで、最後まで完「走」されての
ゴールでした。初マラソンで4時間20分を切るタイム。素敵ですね。

マイレオニー応援団も、10km、20km、30km、ゴール地点と次々と
場所を移動して応援することができ、またランナーから大きな
パワーをもらい、楽しい一日となりました。

ランナーのみなさん、ありがとう! (sasamii)


sasamiiさん、ありがとうございました!
日本の夏といえば、マラソン、そしてお揃いのTシャツ(?)

映画『レオニー』の撮影のとき、
多くのスタッフの方が着用していましたね。
マイレオニーでもお揃いのTシャツ着て走りたいですねー!?

出場者のお名前わかる方はぜひ、
北海道マラソンのホームページの完走者の記録ページ
検索してみてください。5年ぶんの記録が見られます。


| supporters | サポーター情報 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
エキストラの方のブログをご紹介
4月からアメリカで、そして6月からは愛知県犬山市で
撮影が行われている、映画『レオニー』。

日本の撮影では、マイレオニーサポーターの方をはじめ
連日多くの方に、エキストラとしてご協力をいただいています。

そんな中で、この映画でエキストラをしてくださった方の
ブログを発見!ご本人の了解をいただきましたので
紹介させていただきます。

「地底人の独り言」 というブログです。

エキストラ体験1 の記事はこちら
エキストラ体験2 の記事はこちら

地底人さん が楽しんで参加してくださった様子が
伝わってきます。どうもありがとうございました!

エキストラ体験の記事だけでなく
ほぼ毎日のように更新されている記事も
とても読みごたえがありますので、
ぜひ訪問してみてくださいね。

なお、この映画のエキストラの募集は既に〆切っております。
ご応募いただいた方には順次ご連絡してまいりますので
いましばらくお待ち下さい。

| supporters | サポーター情報 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
クランクインに集合!
マイレオニースタッフは、
明治村でのクランクインに駆けつけさせていただきました。

まずは撮影地の「漱石亭」前に設置された
現場モニターの前で早くも記念写真撮影大会に・・・。



撮影地で見学させていただき、最後は全員集合!
待ちに待った日を迎え、みんないい笑顔してますね。



| wakki | サポーター情報 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日深夜フジテレビ系「NONFIX」
マイレオニーブログでも昨年ご紹介した、
北海道・池田町の
「レオニー十勝池田応援団」発起人の佐藤智彦さんが
池田町で展開している「いのちの森プロジェクト」。

このプロジェクトには、松井久子監督も賛同し
未来の子供たちへ向けて、直筆のメッセージを
送っています。

このプロジェクトについての紹介記事はこちら

このプロジェクトに大きくかかわっている
歌手の大野靖之さんが、本日深夜の2時38分より、
フジテレビ系(関東圏のみ放送)ドキュメント番組
「NONFIX」に登場します!

タイトルは、
「シンガーソングライター 大野靖之 心の言葉を探す旅」。

「歌う道徳の授業」で評判を呼ぶ大野靖之さんの、
歌詞に隠された想いと歌力に迫る、というもの。

サポーターの佐藤さんも取材を受けたそうで、
登場されるかもしれないとのことです。
皆さんぜひチェックしてみてくださいね!

番組表はこちら
http://www.fujitv.co.jp/bangumi/index2.html

| wakki | サポーター情報 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |