無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
松井監督よりメッセージ
4月3日のマイレオニー主催・映画『レオニー』完成披露試写会を大盛況のうちに終えた
われらが松井久子監督が、
マイレオニーブログにメッセージを寄せてくださいました!

4月3日の「レオニー」完成披露試写会はshioriさんのレポートでお読み頂いた通りの、
私にとっては夢のように幸せな一日でした。

この5年の間、ずっと私の映画作りを応援し続けてくださったマイレオニーの皆さまに
改めて厚く御礼申し上げます。

「4月3日に草月会館が空いてるんだけど、予約しちゃって大丈夫ですか?」と
ロスで仕上げしている私のもとに事務局の方からご連絡があったのは去年の秋のこと。
「その頃なら多分完成してるでしょうから、どうぞ、どうぞ」
とお答えしたものの、そこはいつもの「レオニー」のこと、その後もいくつもの
思いがけないハプニングがいくつも重なって、結局完成作品を持って帰国できたのが
試写会の4日前の3月30日、という綱渡りでした。

ほんとに、自分でも怖くなるくらいバタバタと迎えた試写会の当日。
その日は3年前の4月5日に千鳥ケ淵で桜シーンを撮影した日とまったく同じ
好天に恵まれ、全国から駆けつけてくださった皆さまに満開の東京の桜を
見て頂くことができて、ほんとうによかったです!


2007年4月5日の桜。
映画『レオニー』で最も早く撮影したシーンです。

まだ出来るかどうかもわからない映画に、どうしてこんなに応援して頂けるんだろう?
もうダメかな…と弱気になるたびに、マイレオニーのこのホームページを開いては
サポーターお一人お一人のお名前を見て勇気づけられて参りました。
この方たちにお見せするまでは、ぜったい諦めるわけにはいかない…。
そう自分に言い聞かせては、希望をつないできた5年間でした。

ですから、この映画は応援してくださる方々がいてくださったからこそ完成まで
こぎつけることのできた、まさに<奇跡の映画>なのだ…と思っています。

試写会の間際になってご来場下さる方々のお名前を拝見したときの気持ちは
またとても複雑でした。
「どうして◯◯さんが?あんなに遠い所から?だってこの方は「ユキエ」の上映会で
たった一度お会いしただけなのに…何故?」
会場でその方に会えなかったらどうしよう…お顔をちゃんと覚えてるかしら…
ご自分から声をかけてくださるかしら…そんなことを心配しながら、やはり前夜は
なかなか眠ることができませんでした。

「監督。舞台挨拶であんなに緊張した監督を見たのはじめてですよ!」
姫路から来たTさんに言われてしまったほど、一日中地にに足が着いてない感じで
気持ちばかりがただ焦って、ぜんぜん皆さんお一人お一人ににちゃんとご挨拶
できなかったことが、今でも悔やまれてなりません。

でも、映画が終わった後、会場いっぱいに広がった拍手の音にはほんとうに感激し、
また心からホッといたしました。
これで皆さんとのお約束を果たすことができたんだ…と思うと、
やっぱり涙が溢れました。

「これは単なる映画作りではないのよ。社会運動のようなつもりもあるの」
と折に触れ言ってきましたが、
マイレオニーの皆さんが映画「レオニー」に対してなさったことを見ながら、
「ここには、ただ一本の映画を見たいという思いを超えたものがある」と
思わずにいられませんでした。

特に、5年間にわたって辛抱強く活動を重ね、ブログをコツコツと更新し続け、
試写会当日を見事大成功に導いてくださった事務局の皆さんには、ただただ
頭が下がるばかりです。事務局の皆さん、このわがままな私を今日まで我慢強く
支えていただき、ありがとうございました。

でもでも、「レオニー」は作品の完成ではまだ折り返し地点に過ぎないのですね。
4月3日にはまだご覧頂くことのできなかった、
私の大切なマイレオニーの方々のお顔がたくさん浮かびます。
ごめんなさい!今回のご案内はマイレオニーのサポーター募集のときの
お約束通りの方々に限らせていただいたようですが、
全国で待っていてくださるサポーターの皆さま、
11月に予定されている公開前、夏から秋にかけての
試写会ツアーで必ず伺いますからね。

そしてマイレオニーの皆さまの<思いの輪>が11月から全国にひろがって
日本中の一人でも多くの方に「レオニー」を見て頂けたら…
レポートの中で深津さんが言ってくださったように、
それはこの国の何かが変わるきっかけになると思うのです。

最後になりましたが、これまで大きな映画会社とはご縁のなかった私の映画が、
今回は角川映画というビッグな会社が配給してくださることになりましたので、
そのことをご報告して、今日まで応援し続けてくださった皆さまへの御礼に代えさせて
いただきますね。長い間ほんとうにありがとうございました。
そしてこれからも「レオニー」のヒットに向けて、お力添えくださいますよう…。

松井久子

| myleonie | 松井久子監督ニュース | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/04/09 7:05 AM posted by: wakki
>shioriさん

毎日更新…は掛け声だけで終わってしまって
いますが(汗)応援する気持ちを
5年間保ってこられたのは、
shioriさんと一緒に続けてきたこのblog
のおかげです!映画もそうですが、
マイレオニーブログも私の宝物です。
blogの存在が監督を勇気づけていたのなら
こんなに嬉しいことはありませんね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

>マイレオニーたかまつさん

高松の皆さん大集合!嬉しかったですね。
パーティーでの藤田浩子さんの
「ここにいるみなさん、待ちに待ってきたから、
エネルギーが溜まっているでしょう!
今日からそのエネルギーを爆発させましょう!」というスピーチ、盛り上がりましたね!

> tomokoさん

仲間の楽しみ…は続けてこられる力としては
大きかったですね(笑)
でも、後半は、その楽しみの場が
撮影場所だったり、試写会場だったり。
こんな贅沢な応援はないですよね!
これからもよろしくお願いします。
2010/04/07 10:42 PM posted by: tomoko
松井監督
私たちマイレオニーの思いは勝手連的なものでして、応援するといいながら結構仲間内の楽しみ優先で過ごしておりました。かな?
いくつもの試練がありました。寄り添うことすらままならず、呆然と見守っていたことが多かったような気がします。
4月3日、ずっと応援してくれたマイレオニーサポーターは、松井監督が作り上げた映画「レオニー」に感動し、称賛したことと思います。
11月公開に向けて応援し続けるゾーと、スイッチ入りました。
引き続き一緒に頑張りましょう!!
2010/04/07 2:40 PM posted by: マイレオニーたかまつ
上映会に向けて新たな種を蒔きつづけますよ。
2010/04/07 1:56 AM posted by: shiori
松井監督、マイレオニーブログへメッセージをありがとうございます。
“毎日更新”を目標にがんばり続けているWAKKIにも感謝のきもちでいっぱいです。
いつもありがとう。
監督の“奇跡の映画”という言葉に心が震えました。
3年前に撮影された桜が今満開の桜に繋がっているように、私たちの気持ちもひとつです。
まさにメジャーデビュー!
本腰入れて応援させていただきます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://myleonie.jugem.jp/trackback/978610